2016年05月06日

ローマ 建国神話1 ロムルスとレムスの誕生と放逐 オオカミは人間を育てられるのか

 ローマにアイネイアス伝説を伝えたのはエトルリア人だと言われます。地名も建国者もエトルリアと深く結びつくことになりますね。

 その他にも、ローマで見られた剣闘士の決闘や、悪霊を宥めるための人身御供といった風習も同じです。この後で見ることになる、建国神話に見える鳥占いも同様と言われ、ローマでは鳥占官は重要な役職でした。エトルリア人はギリシア人から文字を含め色々と学んでいますから、ギリシア悲劇がエトルリア人経由でローマに入ってきていたとしてもおかしくないのです。

 残念なことに、使われていた言語は非印欧語で、文字は解読はされていません。

 他にもギリシア神話との関係を見てみますと、エトルリアにはオデュッセウスとキルケーの間の子がエトルリアを支配したとの伝説があります。ギリシア人の西進に伴い、アイネイアスが西に移ったとする伝説も西へと移ります。

 決定的なのは、トロイアが滅んだのは紀元前13世紀か12世紀とされている(とうことは前1,200年のカタストロフが影響しているように思えてしまいますが)のですが、カルタゴ建設は前9世紀頃とされていることです。

 やはり、アイネイアス伝説は実話として見ることは出来ないようです。

 さて、レア・シルウィアが生んだ双子は邪悪な叔父アムリウスによって捨てられてしまいます。レア・シルウィアについては、投獄されたとの記録を最後に姿が見られないそうですから、殺された、あるいは死ぬまで監視から逃れられなかったという説があるそうです。

 双子は槽に入れられ、川に捨てられます。

 同じような話を既に見ましたね。ユダヤ人の歴史のところで見た、モーゼがやはり川に捨てられたのでした。捨てられた子が奇縁によって生き残り、然るべき地位を回復する物語として見るのであれば、アケメネス朝ペルシアのキュロスも同様の話でした。

 さて、2人を乗せた槽は、パラティウムの丘の麓に着きます。

 無力な赤子のこと、水死はしなくとも、生命の危機にあることは変わりありません。ところが、そこへメスのオオカミが現れ、2人に授乳します。

 オオカミの群れの最下級のメンバーに迎えられてオオカミと共に暮らした破天荒な男性の『狼の群れと暮らした男』では、メスは出産から育児の間は巣に篭って、外に出ないということです。

 同時に、オオカミは群れの中で1頭のメスしか子を生むことを許されません。下位のメスが生んだ子オオカミは、上位のメスによって殺されます。群れが生き残るためには無秩序なメンバーの増加は認められないことなのです。

 これらを合わせて考えますと、双子を救ったオオカミは下位のメスで、子を殺されたばかりのため、巣の外に出る立場でありながら授乳可能な時期にあった、と考えられます。あるいは、たまたま子を生んだばかりのメスオオカミの巣の至近距離に槽が流れ着いたか、ですね。勿論、建国神話が事実なら、の話ですが。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村