2016年05月04日

ローマ プレ建国神話1 トロイ戦争から逃れたアイネイアス、イタリアへ逃げてローマ人の先祖となる

 ローマ帝国の建国物語については、紀元元年前後に活躍した歴史家リウィウスが、その史実性には疑問を投げかけながらも伝説として記しています。その伝説によると、ローマを建てたのはロムルスとレムスという双子の兄弟ということになっていますが、ここではもう少々歴史を遡りましょう。

 トロイ戦争でトロイア側に立って戦い、ヘクトルに次ぐ勇士と謳われたアイネイアスは、プリアモスの娘クレウサを娶り、息子アスカニオスを得ていました。トロイア落城の際、アイネイアスは父と息子と共に燃え盛る城から脱出します。敬虔なアイネイアスは陥落の際に守護神の像を守り、父を背負って脱出したことで、アカイア側に感心され、助かったそうです。

 アイネイアスはイタリアを目指す途中で紆余曲折を経てカルタゴに立ち寄り、その地でディドと親しくなります。このディドはカルタゴを建設したとされる女性です。フェニキアの項で見た通り、先住民からウシの皮1枚分の土地を与えると言われ、細かく割いたウシの皮で広い土地を囲って裏をかいた利発な女性でしたね。容姿は分かりませんが、利発な女王に愛されたならカルタゴに留まる決意をしても良さそうです。しかし、アイネイアスはゼウスからイタリアへ渡るよう促され、遂にディドを置いて旅立ちます。ディドは自殺してしまいました。この時、ディドはローマとカルタゴには常に憎しみと戦いがあるように、と呪いをかけたそうです。勿論、これはポエニ戦争で両国が激しく戦ったことの歴史的背景を語るものであったでしょう。

 イタリアでは巫女の力を借りて亡き父(トロイアからの逃避行中、カルタゴに渡る前にクレタ島で死去していました)の霊と会い、子孫がイタリアの英雄になると告げられます。

 更にイタリアを北上し、イタリア中西部のラティウムに辿り着いたアイネイアスは、この地の王ラティヌスの娘ラウィニアと婚約します。モテモテですね。

 ところが、ラウィニアは既にアルデアの王トゥルヌスと婚約していたものですから、トゥルヌスは烈火のごとくに怒ります。こうしてトゥルヌスたちとアイネイアスらトロイア勢との間に戦いが勃発します。一騎討ちの末にトゥルヌスを討ち取ったアイネイアスは無事にラウィニアと結婚し、新たな都市ラウィニウムを築いたとされます。

 アイネイアスの子アスカニオスはアルバ・ロンガという都市を築き、王となります。このアスカニオスから12代後に当たる、第13代目の王プロカには2人の息子が居ました。兄のヌミトルと弟のアムリウスです(但し、兄弟の順序には異説があります)。プロカはヌミトルを王にしたいと願いましたが、王位についたのは弟のアムリウスでした。

 アムリウスは兄ヌミトルの子が狩りにでかけた際に待ち伏せて殺害し、強盗の仕業に見せかけてしっかりと後顧の憂いを絶ちます。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村