2016年05月16日

ローマ 建国神話11 ローマ軍レギオンに向けた軍制改革

 トゥリウスは、その名前から一説に奴隷女(セルウァ)の子であるとも言われます。出自は不明ですが、王妃のお眼鏡に叶うだけのことはありトゥリウスは民衆の支持を集めることに成功します。それを見届けると王妃はトゥリウスに王位を移しました。王権が完全に私物化されていることに、エトルリア人の力の大きさが見て取れるでしょう。

 特筆すべきことは、人口調査に基いて人々を6階級に分けたことでしょう。そして、階級ごとに軍で占める地位を区分しました。軍と社会的・経済的な地位を結びつけ、それぞれの階級で100人隊を組織します。100人隊の構成をまとめておきましょう。

騎士階級:18隊 最上級の富裕層(ウマも自分で用意)
第1階級 100,000アッシス 兜、円楯、脛当て、胸当て、槍、剣 現役40隊 退役40隊
第2階級 75,000アッシス 兜、長円楯 脛当て、槍、剣 現役10隊 退役10隊
第3階級 50,000アッシス 兜、長円楯 槍、剣 現役10隊 退役10隊
第4階級 25,000アッシス 長円楯 槍、投槍 現役10隊 退役10隊
第5階級 11,000アッシス 石投げ器、石 現役15隊 退役15隊
定数外 工兵隊2隊、音楽隊2隊

 各々の100人隊には1票の投票権が割り当てられました。見ていただくと分かる通り、騎士階級と第1階級で過半数を制することができる、富裕層に都合の良いシステムです。富裕層ほど層が厚いということは考えられませんから、この組み合わせは社会構成を反映してはいません。

 軍は徴用を意味するレギオーから、レギオンと呼ばれます。

 彼は政治指導者としてだけではなく軍事司令官としても優れていたようで、エトルリア人の都市ウェイーが攻撃を仕掛けてきた際には司令官としてこれを粉砕しています。以後、敢えてローマに挑む都市は無かったと言われるほどですから、圧勝だったのでしょう。

 トゥリウスは都市計画に基づき、城壁を巡らし、道路、広場、排水等のインフラを整えていきます。ディアナ神殿を築いたことでも知られていますから、信仰に篤かったことも分かります。もっとも、ローマ人は(他の地域の同時代人がそうであったのと同じように)深く神々を信じていましたから、タルクィニウスに対して特記するべきことでも無いかもしれません。むしろ、人気取りになったかもしれません。神殿建設は考古学的にも裏付けられているそうです。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

ローマ 建国神話12 トゥリウスの子育て失敗 婿に命も王位も奪われる

 国に対しては功績大であったトゥリウスですが、子どもの扱いについては致命的なミスを犯してしまいます。

 トゥリウスは先王タルクィニウスの2人の息子に自分の2人の娘を娶せます。

 タルクィニウスには野心家の息子と大人しい息子が、トゥリウスには野心家の娘と大人しい娘がいました。トゥリウスは野心家の男と大人しい娘、大人しい男と野心家の娘を組みあわせて夫婦とします。ところが、野心家の女も男も相手に不満を抱きます。結局、2人は互いの配偶者を殺してしまい、野心家の男と野心家の娘で結婚しました。

 野心家夫婦は互いの性格から野望を高め、遂には至高の座を狙うことになります。すなわち、王の位を。

 男は王の正装を纏って元老院に入ると、元奴隷のトゥリウスが不当に王となっていると糾弾します。呆気にとられる人々の前で、タルクィニウスは元老院から放り出してしまいました。宮殿に戻ろうとしたトゥリウスでしたが、義理の息子の放った刺客により殺害され、44年間の治世の幕を下ろします。

 王を弑逆した男の名は、父のタルクィニウス(トゥリウスの44年の治世を考えれば祖父とも言われるのも納得です)と同じくタルクィニウスです。父と区別するため、タルクィニウス傲慢王と呼ばれます。その妻のトゥーリアが馬車で宮殿に向かう途中、父の遺体を轢き、馬車は血しぶきで赤く染まったとされます。

 もっとも、遺体を轢いても血しぶきが激しく飛び散るとは考えにくいでしょうから、これは親殺しという無道を行ったことを倫理的に非難しようとして、敢えて凄惨なシーンを織り込んだものではないでしょうか。

 こうしてタルクィニウス傲慢王が即位しました。ローマの王位はこれまで見てきた通り世襲ではありません。ですから、タルクィニウス傲慢王には王位を占める正当な理由は無いのです。正当な王となるためには元老院の支持を受けなければなりませんが、クーデターに拠る即位という事情を考えればとても支持を望むことはできませんでした。そこでタルクィニウス傲慢王は力による支配を行い、人々から嫌われていったのです。

 国内には高圧的に望みながら支配を継続できたのは、軍事指導者としては優れていたからです。彼はラテン同盟の盟主となり、戦争の際にはローマが司令官を出す等、近隣の諸都市とローマに有利な条約を結びます。自分の息子を追放したふりを装って敵対する町に亡命させ、内部から崩壊させることも厭いませんでした。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

ローマ 建国神話13 クーマエの巫女の予言 本当にろくな事をしない非モテ系色狂い神アポロン

 このタルクィニウスの時代(先々代の同名の王の代とする説もありますが)、クーマエの巫女が神から授かった力で記したという予言書を売りにやってきます。

 非モテ男性の守護神と言っても良いであろうアポロンが若く美しい女性に言い寄りますが、例によって例のごとく、アポロンはフラレてしまいます。アポロンは復讐として、その女性が臨んでいた不死をプレゼントします。アポロンが残虐なのは、この時に不老はセットにしなかったことです。老いさらばえて容姿の衰えても決して死ぬことのない彼女は気味悪がられて村八分にされ、クーマエの洞窟に住み着きます。哀れに思ったアポロンは彼女に予言の才能を与えました。こうして彼女はシュロの葉に予言を書き続けたとされます。

 トロイアの王女カッサンドラに対する仕打ちと言い、本当にろくなことをしない神様です。

 巫女はタルクイニウスに書き溜めた9冊の予言書を売ろうとするのですが、王は断ります。巫女は3冊を火にくべ、残った6冊を最初と同じ値段で買わないかと尋ねます。王が再び断ると、巫女は更に3冊を焼き、最後の3冊を同じ値段で買わないかと訪ねます。気が変わったのか買い叩こうとしたのに失敗したと悟ったのか、王はこれを購入しました。

 ローマが危機に陥るたび、時の支配者はこの予言書を紐解いた、と伝説に謳われます。ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂絵画にも彼女の姿が書かれているそうですので、イタリアを訪れる予定の方は探してみてください。

 さて、タルクィニウス傲慢王の破滅は息子が導きました。

 息子のセクストゥスは友人コラティノスの妻で美女として知られるルクレツィアに言い寄り、強引に関係をもちます。ルクレツィアは辱めを受けたことを夫と父に告げ、自殺してしまいました。この行動で、ローマ市民の怒りは遂に限界を越えたのです。

 ルキウス・ユニウス・ブルートゥスを中心とした反乱が勃発し、タルクィニウスは追放されます。王位を諦めないタルクィニウスはエトルリア人の都市に拠り、復権を狙います。

 傲慢王追放後のローマでは共和制が樹立され、民会(コミティア)で指導者を選出するようになります。彼らがバランス感覚に優れていた証左として、専制政治に戻らないように最高位の執政官には2名が選出されるようになったことを挙げておきましょう。尚、執政官は「共に耕す者」を意味するコンスルと呼ばれます。畑を耕す1対のウシに例えられたそうですから、2人で力を合わせることが前提でした。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

ローマ 共和制の成立1 傲慢王タルクィニウスが追放され、王政復古を防ぐため2名の執政官が選ばれる

 人民(populus)には選挙権が与えられたのですが、ここで言う人民とは商人階級と貴族階級に限定されています。つまりは富裕層です。それを反映してか、公職は無給でした。

 初代の執政官に選ばれたのは傲慢王追放の立役者ルキウスと、妻を強引に奪われたコラティノスです。2人の執政官は共に傲慢王の人脈に連なる身ではあったのですが、より親しい仲だったコラティノスはタルクィニウス派と見られたために支持が失われていき、最後は亡命を余儀なくされます。

 前509年、タルクィニウス傲慢王はローマの権力争いの隙をついて自分の復権を図ります。タルクィニウスはローマに自分の残してきた財産の返還を求めて使者を送るのですが、この使者こそが裏工作の担当者だったのです。使者はルキウスの妻と2人の息子を含む人々に王政復古を求めて立ち上がるよう説得します。

 謀略は密告によって顕わとなり、王政復古派は粛清されます。この時、ルキウスは涙をのんで2人の息子を処刑しています。泣いて馬謖を斬るどころの騒ぎではありません。

 搦手からの攻略が潰えたことを受け、タルクィニウスはローマに攻め寄せます。ルキウスはこの期に及んでまだ復権を企むタルクィニウスを激しく罵り、出撃します。激戦の中でルキウスはタルクィニウスの息子アルンテスと共に戦死しました。

 尚、このルキウス・ユニウス・ブルートゥスはカエサル暗殺の中心となったブルートゥスの先祖とされています。しかし、息子は2人共処刑されて、ルキウスはその後すぐに戦死しているわけですから、どのようにして子孫が残ったのか、疑問です。直系の子孫ではないのかも知れません。

 ルキウス戦死後、プブリウス・ウァレリウス・プブリコラが戦争指導を行います。タルクィニウスは敗退し、次はラテン同盟を率いてローマと戦います。多くの名士を戦死させるものの、再び敗れて抵抗は終わりました。このようにして、ローマの王政は7代にして終わったのでした。

 戦勝を祝うため、プブリウス・ウァレリウス・プブリコラは戦車でカピトリウムの丘に上ります。これが後の凱旋式のルーツとなりました。凱旋式は勝利を収めた将軍に対して元老院と民会で決めることになります。凱旋式を行う将軍には凱旋司令官の称号が与えられ、公人しか凱旋式を行えないことから公職在任中なら凱旋式までその地位に、任期終了していれば他の公職を与えられました。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

ローマ 共和制の成立2 独裁者になると疑われたウァレリウス、意外な手段で疑いを晴らす

 王政を排除することは成功しましたが、1日にして共和制が軌道に乗るものでもありません。初期は手探りが続きます。執政官となったウァレリウスは豪華な屋敷に住み、警備兵にファスケス(権票とも。『古代ローマ歴代誌』には約1.5メートルの棒を数本、赤いひもで束ねたものであり、中央に斧がさしこまれている場合もあったと紹介されています)を持たせていました。中国王朝で皇帝の警護が生殺与奪を握る象徴として斧を持っていたのと同様に、鞭打ちと斬首刑を象徴するものです。

 市民はウァレリウスが王になろうとしているのではないかと疑います。ウァレリウスはそれに気づくと自分の家を打ち壊し、友人の家を泊まり歩くようになりました。これには市民もさぞ驚いたことでしょう。また、ファスケスから斧を外させた上、集会に参加する際にはファスケスを下ろさせました。国政のトップたる執政官でも、王のような絶対的権力を持たないとするポーズです。他の改革も手伝い、民衆はウァレリウスに「民衆の友」を意味するプブリコラの二つ名を奉りました。民衆の信頼が絶大だったのは、前509、前508、前507、前504年の4度に渡りコンスルに選出されたことを見れば分かるでしょう。

 ウァレリウスは王になろうとする者は殺されなければならないとの法律も定めました。この法律はスッラ、カエサルを経てアウグストゥスが皇帝となるまで生き続けることになります。

 執政官と並んで重要な役職である護民官が生まれたのは前494年のことです。貧富の差の拡大に怒った平民が山に立て篭もり、独立の動きまで見せたことから、富裕層は平民保護を主務とする護民官設置で妥協したのです。執政官同様に定員は2名でした。また、民会も設置されています。元老院よりも力はありませんでしたが、こうした機関が存在すること自体が素晴らしいことでしょう。

 このように王を廃したローマでは、自分たちの国を指して「元老院とローマ市民」、Senatus Populusque Romanusと呼ぶようになります。略号のSPQRは誇りとして軍旗に描かれました。今でもマンホールの蓋に書かれたり広報に書かれたりする等、ローマの町で多く見られるそうです。

 ギリシアでも同様の話があった通り、この時代から力を持たない人々は一致団結して富裕層に立ち向かい、権利を拡大させてきたのですね。絶対的な権力が無いことは良いことに思えてきます。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村