2016年04月01日

ヘレニズム期 セレウコス朝シリア4 後漢の班超も訪れたパルティア

 パルティアはセレウコス朝シリアと領土を奪われたり逆に奪い返したりと攻防を繰り返します。在位前171年〜前138年のミトリダテス1世の時代、イラン高原とメソポタミアを支配しエクバタナも奪う等、勢力を広げます。セレウコスの名を冠するセレウキアまで占領したほどでした。

 前123年頃〜前87年頃の王ミトリダテス2世の時代にはユーフラテス川、コーカサス山脈からインダス川まで至る広い領土を得ます。なんとアルメニアまで侵入し、ローマと交渉を持つように、最盛期を迎えました。

 ミトリダテス2世時代にローマ、中国の漢と交易したことが知られています。シルクロード、海路(海のシルクロード)はパルティアを中継地にしていました。

 1世紀ほど後の事になりますが、後97年には後漢の班超が甘英を派遣し、甘英は安息国(パルティア)、条支国(シリア)を訪れます。166年に大秦王安敦(アントニヌス)の使者が海路漢へ向かったのも、パルティア経由のことでした。。

 セレウコス朝シリアが前63年に滅亡すると、ローマと直接国境を接するようになります。ローマは繰り返しパルティアへ侵入しますが、パルティアも黙っては居ません。前53年にはクラッススを破って敗死させました。カエサルはパルティア遠征準備中に暗殺され、ローマ内で権力闘争が行われた隙を突いて一時はシリアを奪うところまでいきますが、奪回されます。

 この後も前36年にはアントニウスを破るといった勝利もありますが、パルティア内の内訌もあり、前20年にオクタヴィアヌスと和平を講じます。アルメニアにはローマの宗主権を認め、国境はユーフラテス川と定められました。

 パルティアはアケメネス朝ペルシアと同様に総督制を敷き、交通網を整備しました。大貴族には自治が認められ、租税は取らずに直轄地からの収入で王室の財源を満たしていました。遊牧民らしく固定的な首都は持たず、王は7氏族の会議で選出されました。

 このことは逆を返せば中央集権化が徹底されなかったことを示しています。統一国家としての動きは劣りながらローマ相手に一歩も引かない戦いを繰り広げた背景には、彼らの強力な騎兵があったことは間違いないでしょう。

 残念なことに、彼らは自分たちの歴史を残すことには興味無かったらしく、史書の形で記録は残っていません。それでも、彼らがゾロアスター教を広めたことは、世界史に無視できない流れを与えているとは言えそうです。

 他にもアンティオコス1世はエジプトのプトレマイオス2世と戦って敗北し、フェニキアと小アジア海岸地域を失陥しています。


面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレニズム期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

ヘレニズム期 セレウコス朝シリア5 中興の祖アンティオコス3世の栄光はローマにより翳る

 失地が続けばジリ貧になるばかりですが、中興の祖とも言える人物が登場します。

 6代目の王アンティオコス3世は、アンティオコス1世以来失われた地域を回復しようと東奔西走します。この拡大政策はかなりの成功を収め、東はインドから西は小アジアまでの広大な地域を支配下に収めます。

 西方ではプトレマイオス朝エジプトから南シリアとパレスチナ回復しました。この際、エルサレムには3年間の免税特権を与えています。

 しかし、特定の勢力が大きく伸長すると他の勢力には脅威となります。ローマはセレウコス朝シリアの動きに対抗し、セレウコス朝シリアは反ローマで一致するアイトリア連邦と結んでギリシアへ攻め込みます。しかし、この連合軍はテルモピュライでローマに敗北を喫し、セレウコス朝シリアはアイトリア連邦との連合を解消、小アジアへ帰還します。

 ローマはこの機を逃さず小スキピオに軍を率いさせ、セレウコス朝シリアを小アジアへ追います。こうして前190年にマグネシアの地で会戦が行われることになりました。

 アンティオコス3世率いるシリア軍は両翼に重装騎兵を擁し、ローマ騎兵を撃破して包囲殲滅する作戦を立てます。この作戦が予定通りに行けばシリアはローマに圧勝できたでしょう。しかし、戦場を霧が覆ったことで、アンティオコス3世の作戦は発動できなくなりました。ローマ軍右翼はこの隙にシリア軍左翼を攻撃、シリア軍は混乱して同士討ちを行う有様でした。

 シリア軍右翼に位置していたアンティオコス3世も軍を動かし、ローマを攻撃します。こちらはシリア軍が正面の騎兵を打ち破り、ローマの野営地に迫ります。

 しかし、野営地にはマケドニアのファランクスが待ち構えていました。シリア軍とファランクスが激戦を繰り広げる間にシリア軍左翼は崩壊してしまいます。結局、この左翼の敗北が戦場全体に波及し、シリア軍は死傷者5万とも言われる大打撃を受けて退きました。

 歴史好きの間で好まれる議論の1つに、もしアレクサンドロス3世が東方に向かうのではなく西方へ向かっていたら(あるいはインド遠征から帰還した後のアレクサンドロス3世が西方に向かったら)、歴史はどうなっていたか、というifがあります。ローマはペルシアと違って王を倒せば国が滅ぶような体制ではありませんし、最終的にファランクスを使った国はローマに滅ぼされていることから、ローマが勝利を収めるであろうという結論を出す人もいます。ただ、マグネシアの戦いを見ますと、重装騎兵はローマ兵を圧倒して追い返していて、その重装騎兵がファランクスに食い止められている事実からすれば、アレクサンドロス3世はローマを圧倒し、場合によっては滅亡させていたのではないかと私は思います。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレニズム期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

科学なニュース26 本当にチーズを食べてはいけないの?不安を煽る記事に注意!

 HARBOR BUSINESS Onlineに食べてはいけない! チーズに含まれる恐るべき添加物とは?なるニュースが載りました。こちらは私のような素人から見ても相当に問題を孕んでいるように思いますので、久々にこちらのカテゴリを更新します(忙しくて中々手が回りません……)。

 食品添加物、中でも人工的に合成された化合物に拒否反応を示す人は少なくありません。しかし、天然物が安全かというと、そうでも無いのです。例えば、カビ毒には強力なものがあります。1960年、カビの生えたピーナツを食餌に与えられた七面鳥がカビ毒アフラトキシンが原因で大量死したことがあります。アフラトキシンによる死亡事故は人間でも起こっています。ですから、ピーナツには防カビ剤を添加してカビの繁殖を防ぐ方が安全なのです(勿論、事故等により大量添加されれば問題ですが)。

 結局は量の問題なのです。アドレナリンは青酸カリより強い毒性を示すと言われますが、生きていくのには欠かせません。同じく生命に欠かせない塩分でさえ、体重1kgあたり3〜3.5gを一度に摂取すれば死んでしまいます。オウム真理教が使用した猛毒サリンは人口合成物で、同じくkg当たりの致死量は0.35mgと言われますが、天然の毒であるテトロドトキシンは0.01mg、ボツリヌス菌の産出する毒はなんと0.00000037mgとサリンより遥かに強烈です。無意味な天然物信仰は有害なだけです。

 さて、記事の問題点に移りましょう。まず取り上げられているのはチーズに含まれるリン酸塩です。リン酸塩はカルシウムと結びつき、難溶性の塩を形成、人体がカルシウムを摂取できなくさせてしまいます。これは大変です。これは摂取しないほうが良い。

 ……果たしてそうでしょうか?

 プロセスチーズ100gあたりのカルシウム含有量は700mg程度の様です。リン酸塩をリンに換算すると730mgと、カルシウムより多いのですね。これは大変です。プロセスチーズを食べてもカルシウム摂取にならないどころか、カルシウムを失ってしまうのです!

 と、結論に飛びつく前にリンがどのような食品に含まれているか見てみましょう。
国立健康・栄養研究所のリン解説のページには、リンを含む食品リストが載っています。これを見ると、プロセスチーズよりもスルメ(1100mg/100g)、しらす干し(860mg/100g)の方が多く含まれています。

 含有量が少なくても摂取量が多ければ、トータルのリン摂取量は増えます。小麦粉に310mg/100g、玄米に290mg/100g含まれていることを考えますと、プロセスチーズよりもパンや玄米に懸念を示す方が筋が通っているように思います。

 勿論、これらは天然由来のリン酸塩です。

 個人的な話で恐縮ですが、私はチーズトーストが好きでよく食べます。6枚切り食パン1枚は約70g、プロセスチーズ1枚は約20g弱であることを考えると、リン酸塩は凡そパン由来で220mg、チーズ由来で140mg摂取する計算です。どう考えてもプロセスチーズよりパンに警鐘を鳴らすべきです。

 某コンビニエンスストアのチェーン店がハムやらソーセージにリン酸塩が入っているものを排除したそうですが、どうしてパンを排除しないのか不思議でたまりません

 ウソです。このチェーンは無知な人々に事実の一部しか言わないことでイメージを高める戦略を取っているだけです。確かに不正直とは言えるでしょうが、それを悪いとは言えません。私たちは正しい知識で武装すれば良いのです。


 ph調整剤も槍玉に挙げられています。ph調整剤とは、記事中の言葉を使うとpH調整剤はpHを弱酸性(6.0〜6.5)に調整することで保存性を向上させる添加物です。では、何が問題なのでしょう?

 pH(ペーハー)調整剤も同様です。これもクエン酸、リンゴ酸など複数の酸味料が使われていて、一括でpH調整剤として表示されています。pH調整剤はpHを弱酸性(6.0〜6.5)に調整することで保存性を向上させる添加物です。pHは酸性、アルカリ性を測る尺度で、0〜7が酸性、pH7が中性、pH7〜14までがアルカリ性です。酸性にすれば殺菌効果が出ます。しかし、体内には健康維持に有益な菌も無数に存在しています。pH調整剤はそうした有益な菌まで殺してしまう恐れがあるのです。


 なるほどなるほど、体内の有益な常在菌を殺してしまうとなるとこいつは一大事です。恐ろしい。もう、ph調整剤を含む食品は全て劇毒物に指定して、流通を全面禁止してしまうべきでしょう。

 と言う前に、少々考えてみましょう。この記事を書いた人がどうかは知りませんが、私と、少なくとも私の周りの人は、チーズを口から摂取します。飲み込まれた食べ物は食道を通り、胃に入ります。そこでは胃液が出て分解を始めるのでしたね。この胃液、なんとphが1〜1.5もあります。数値が小さい方が強力な酸です。

 では、ph調整剤のphを6、胃液を1とします。数値が6分の1だから胃液は6倍強いと言えるでしょうか?これが実は違います。phは対数表記がされていて、1違うと10倍違うのです。つまり、胃液はph調整剤などより100,000倍強い酸なのです。通常、10万分の1は誤差です。なんなら、あなたの月収が先月と今月では10万分の1違ったと考えてみてください。月収1000万円というセレブでさえ、たかだか100円にしかならない量です。是非を論じるのもバカバカしいレベルです。

 余談ですが、女性の膣分泌液(いわゆる愛液)のphは3.8〜4.5と、ph調整剤よりも1000倍ほど酸性が強いものです。ph調整剤同様に、こちらのルートからの細菌感染を防ぐための防御装置です。人体はよく出来ているなあと思う次第です。

 更に困るのは、ph調整剤としてリンゴ酸が挙げられていることです。酸は、物質に含まれる水素が水素イオンになることでその性質が現れます。模式図では下記の様になります。

 ○○H → ○○ + H

 ところが、弱酸の塩と強酸があると、逆の反応が起こってしまうのです。

 ○○ + H → ○○H

 めでたくリンゴ酸は胃の中で無害になりました。これでは化学に弱いことが丸わかりですね。

 あくまで経口摂取を問題にしていますので、記事を書いた人物がプロセスチーズを静脈注射で摂取するというのでしたらこの限りでは無いのですが、私の勝手な想像では、いくらなんでもそんな愚かなことはしないと思います。

 今回の記事のように特定の食品が健康に与える影響を過大に見積もる考え方をフードファディズムと呼びます。健康に良い、悪いという短絡的な考えに踊らされず、バランスの良い食事を取ることが大切です。

 というわけで、このような記事に騙されず、プロセスチーズも安心して召し上がって頂ければと思います。但し、あらゆる食品と同じように、量を摂り過ぎないようにしましょう。


 そうそう、実は、パンが危険な食べ物です。こちらから引用しますと、

犯罪者の98%はパンを食べている。
パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、テストが平均点以下である。
暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている。
パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、後に水だけを与える実験をすると、2日もしないうちにパンを異常にほしがる。
新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる。
18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった。

ということですので、最後に笑ってこの記事を終わることにしましょう。
posted by 仲井 智史 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘレニズム期 セレウコス朝シリア6 マグネシアの戦いの敗北がセレウコス朝に重くのしかかる

 さて、セレウコス朝シリアを追い詰めることになるのは、マグネシアの戦いの敗戦処理です。ローマは和約の条件として軍備縮小と莫大な賠償金を課します。

 先に述べたパルティアは、アンティオコス3世に敗れて服属していたのですが、ローマの勝利を見るとセレウコス朝シリアから離反、東方の領土もまた失われていきます。

 前188年、失意のうちにアンティオコス3世は死去し、セレウコス4世が国を背負って立つことになります。セレウコス4世は国力の大幅な減衰に苦しみ、周辺国とは争わないように務めます。

 セレウコス4世は経済的な苦境を打破すべく、エルサレムの神殿から財宝を略奪しようとして財務長官のヘリオドロスを派遣しますが、この人選は失敗でした。王位を狙っていたヘリオドロスはセレウコス4世を暗殺してしまったのです。

 神殿から略奪しようというのもどうかと思いますが、宗教施設が莫大な財宝を抱えているのもどうかと思ってしまいます。

 セレウコス4世の弟、アンティオコス4世はローマへ人質に出されていましたが、セレウコス4世の嫡子で後のデメトリオス1世と交換で帰国します。アンティオコス4世はヘリオドロスを破ると、セレウコス4世の子のアンティオコス王子の摂政となり、数年後には王子を殺して王となりました。

 アンティオコス4世は国力を回復させるべく、プトレマイオス朝エジプトと戦い、勝利を得ます。

 勝利の勢いのままにエジプトへ攻め込んだアンティオコス4世の元に、後方で反乱が起こったとの報せが届きます。反乱の舞台となったのは、エルサレム。

 エルサレムでは、神殿の大祭司の地位を巡って激しい闘いが繰り広げられていました。神に仕える身でも権力は欲しいのです。そういえば、宗教を否定した共産党でも激しい権力闘争が繰り広げられていました。人間の悲しい性なのかも知れません。

 争う人々は互いにセレウコス朝シリアの王へ多額の賄賂を送ったり、相手を誹謗したりと、宗教者として実に素晴らしい行動を繰り広げます。

 イアソンという人物がアンティオコス4世時代に大祭司となります。しかし、メネラオスという人物がイアソンよりも多額の資金をアンティオコス4世に渡したことから、イアソンは大祭司職を奪われてしまいます。イアソンは、エジプト遠征中のアンティオコス4世が死亡したという噂が流れると、ライバルを葬る好機とばかりに挙兵します。一時期はエルサレム占領を果たしたイアソンでしたが、最終的には敗れ、死亡します。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレニズム期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

ヘレニズム期 セレウコス朝シリア7 パレスチナのユダヤ人、セレウコス朝との関係を巡って互いに争う

 この9割9部ほど内輪もめの権力闘争が、遠征中のアンティオコス4世にはエルサレムで反乱勃発と伝えられました。シリア軍は直ちに引き返すと、たちどころに騒乱を鎮圧します。

 鎮圧後、アンティオコス4世はユダヤ人に対して圧政をもって応じるようになります。エルサレムを破壊し、自治権を奪い、おまけに安息日と割礼を禁止して信仰にまで介入します。信仰で民族的アイデンティティを保ってきたユダヤ人達が黙っていられるはずもありません。ユダヤ人はマカバイ家の指導の下に結束、大反乱を起こします。

 前165年にはエルサレムからシリア軍と親シリア派の司祭を追い払い、信仰を回復します。この勝利を祝い、ハヌカと呼ばれる祭りが今も行われています。

 アンティオコス4世は反乱を力で抑えようと図りますが、志半ばにして前163年に急死し、幼い王子がアンティオコス5世として即位します。

 セレウコス4世の息子のデメトリオスはこの当時ローマに人質として送られていましたが、アンティオコス4世の死を聞くとローマを脱出してシリアへ帰還します。そしてまだ幼いアンティオコス5世を暗殺してデメトリオス1世として王位に付きます。

 アンティオコス5世の短い御代に、シリア軍はエルサレムを囲む等、ユダヤ人相手に優勢戦いを進めていましたが、デメトリオス1世即位の混乱とその後のセレウコス朝シリア政権内部の権力闘争から遠征を続けられなくなります。ユダヤ人にとってはまさに神の恵みに思えたことでしょう。結局、シリア軍はユダヤ人がセレウコス朝シリアの宗主権を認めることを条件にユダヤ人の信仰を守ることを認めて撤退しました。

 外患が無くなれば内紛が待っているのは信仰に生きる人々も同じで、セレウコス朝シリアの軍事的脅威がなくなった途端に、セレウコス朝シリアからの完全独立を求める一派と、それは現実的ではないとして和平を続けるべきだとする一派の間に激しい争いが生じます。宗教者も人の子、権力亡者なのです。

 和平派はシリア軍を呼び込み、独立派は徹底抗戦の挙に出ます。独立派はシリア軍を破る快挙も見せますが、最終的には独立派のリーダーが戦死し、和平派が力を増します。

 ところが、この翌年に和平派のリーダーまで死んでしまうと、独立派リーダーの弟ヨナタンが大祭司に就任します。ヨナタンは自分の権力基盤を強化するために反シリアから親シリアへと立場を転換、弱体化していたシリアから将軍や共同統治者の称号を得ます。親シリア路線は成功を収め、前142年にはエルサレムからシリア軍を撤兵させることに成功します。



面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by 仲井 智史 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘレニズム期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
面白いと思ったら押して下さると嬉しゅうございます^^
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村